勢力評定で意見を通すには

twitter google+ LINE はてなブックマーク

勢力評定で意見を通す方法について紹介します。

立場によって異なりますが、基本的な内容と、立場による違いを説明していきます。

なお、ここでは勢力評定のみを取り上げます。都督の目標や太守の目標は、少し内容が変わりますのでご注意ください。主に、評定に参加する武将が変わります。

評定に参加する武将と絆を結ぶ

評定に参加する武将と絆を結ぶと、参加した武将が、自らの提案に賛同しやすくなります。

主に次の武将が表情に参加します。

  • 君主
  • 君主重臣
  • 都督
  • 太守

太守のすべてと絆を結ぶのは面倒ですし、すべての太守が評定に参加してくれるわけではありませんので、ここでは君主、君主重臣、都督辺りに絞って絆を結ぶことをお薦めします。

優先順位としては、君主、都督、君主重臣です。

都督が先なのは、都督はあまり変更されることはありませんが、君主重臣は変わる可能性があるからです。

他の武将の提案に乗る

他の武将の提案で、もし、自分と同じ考えの提案があれば、その提案に乗るのも良いでしょう。

それにより、最低一票分、プラスアルファされることになります。

ただ、この場合は、上述した絆を結んでいても、効果を発揮しないため、絆がほとんど結ばれていない状況での手段でしかありません。

もし、評定参加者と多く絆を結んでいれば、同じ提案であっても、自らで提案した方が良い結果が出る可能性があります。

君主は自由に決定できる

君主でプレイしているのであれば、評定は自分の好きなように決めることができます。

評定に誰も呼ばずに、勝手に使命を決めてしまいましょう。

なお、都督や太守に対しても使命を決めることができます。

うまく評定を活用し、勢力の方向性を決めていきましょう。

攻略

その他サイト

Menu ×|メニューを閉じる