武将の育成方法

twitter google+ LINE はてなブックマーク

武将の育成方法は、複数の方法があります。

項目によって異なるため、別々に紹介します。

ステータス

統率、武力、知力、政治の値についてです。

統率

  • 戦闘で活躍する
  • 軍事の「訓練」を行う
  • 師事で選択する
  • 特定の官爵を得る

武力

  • 戦闘で活躍する
  • 一騎打ちで勝つ
  • 軍事の「巡察」を行う
  • 師事で選択する
  • 特定の官爵を得る

知力

  • 舌戦で勝つ
  • 外交任務を行う
  • 師事で選択する
  • 特定の官爵を得る

政治

  • 内政を行う
  • 師事で選択する
  • 特定の官爵を得る

特技

特技の上限は9までです。

特技は、主に武将との関係から上げることが可能です。

何が上がるかは武将の項目の「伝授特技」から確認可能です。

師事を用いる

武将を訪問し、師事で上げてもらう。ただし、最初から教えてもらえる特技を持っている場合のみ。

必ず上がるわけではありません。

絆を結ぶ

絆レベル1になると、相手の伝授特技を教えてもらうことが可能です。

師事と異なり、覚えていない状態からでも特技レベル1になることが可能です。

ですので、まったく覚えていない特技のレベルを上げていきたいのであれば、先に絆で特技を習得し、その後師事を用いるというのも一つの手です。

名品を得る

名品には特技レベルが上がる効果を持つものもあります。

名品は、都市施設の交易所がある場所でのみ、特殊な名品が購入可能です。

もしくは、君主であれば、敵武将が持っている名品を奪いましょう。

同じ効果の名品を持っていても効果は重複しません。

ですので、効果が重複したものは、他の武将に分け与えて、他の武将を鍛えるのもお薦めです。

重臣特性を活用

重臣特性の中には、特技レベルを上げる効果を持つものもあります。

主に内政面で「商業重視」「農業重視」が、それぞれの特技のレベルを1段階上げてくれます。

また、特技ではありませんが、槍兵、騎兵、弓兵の適性を上げる効果のある重臣特性もあります。

攻略

その他サイト

Menu ×|メニューを閉じる