存在感の上め方とメリット

存在感は様々なものに影響します。

ここでは、存在感の上め方と、そのメリットについて取り上げます。

存在感の上げ方

まずは存在感の上げ方についてです。

実績を上げる

実績には、義理実績、友愛実績、才愛実績の3種類あります。

これらは、何か行動をすると上がったり下がったりしますが、これらを上げていくと存在感も上がります。

主に、武将の手伝いや依頼を達成したり、戦闘で活躍したり、内政などを行うなどです。

比較的自然と上がるので、あまり意識せず、活躍するプレイを心がけるだけで良いでしょう。

評定の達成でも上昇します。



武将との親近感を上げる

武将との親近感が高いと、存在感も増します。

より多くの武将と親近感を上げるようにしましょう。

都市の領土化

君主であれば、都市が多ければ多いほど、多くの存在感が獲得できます。

できるだけ都市を領土化するようにしましょう。

特に、序盤の空白国はできるだけ多く獲得することがお薦めです。

玉璽の取得

玉璽を入手すると、存在感が+1000されます。

君主のみ可能な要素です。

後漢皇帝の居る都市を獲得

後漢皇帝の居る都市を支配化にすると、存在感が増します。

場所はマップ上からも確認できますので、もし余裕があるのであれば、早めに攻略すると良いでしょう。

存在感アップのメリット

存在感が増すと、次のような利点があります。

他の武将が畏敬状態になる

存在感が高いと、他の武将が畏敬状態になる可能性が高まります。

畏敬状態になると、訪問して談話するだけで親近感を簡単に上げることができるため、多くの武将と絆を結んだり、武将の特技を上昇させるのが容易になります。

官爵アップの条件

官爵を貰える条件として存在感が影響しています。

より上の官爵を貰うためにも、存在感を上げていくようにしましょう。

官爵を貰えれば、武力等のステータスが上がったり、率いることのできる兵数が増加するメリットがあります。

内政の総動員が可能になる

内政の際に、存在感が高いと、「総動員」という項目が選べるようになります。

より高い効果を発揮するものですので、見つけたら選ぶようにしましょう。

総動員が可能になる条件は存在感が1500以上です。

ただ、常にできるわけではありませんので、条件を満たした上で、総動員が出現する必要があります。



攻略

その他サイト

Menu ×|メニューを閉じる