兵数の回復方法

twitter google+ LINE はてなブックマーク

兵数の回復方法を紹介します。

三國志13では少し独特な回復方法となっていますので、そのあたりを取り上げます。

基本は自動回復

兵数は、基本的には自動的に回復します。

その該当都市が攻められているのでなければ、時間の経過で回復し、その都市の兵役人口の上限まで来ると、回復が止まります。

この自動回復の際に知っておかなければいけないこととして、「傷兵」と「帰還兵」があります。

傷兵

戦闘で傷ついた兵士。都市に戻った後は、時間の経過で回復します。

帰還兵

出陣した部隊を解散させると、すぐに都市の兵数が増えるのではなく、戻ってくるまでに時間がかかります。

この戻ってくる途中の状態を帰還兵と言います。

戻ってきたら、自動的に兵数に加算されます。

ただし、帰還兵の中で傷ついた兵士がいる場合は、一部が兵士として戻り、一部は傷兵となります。

傷兵は先に述べてあるように、時間の経過で回復します。

戦闘中に回復する

戦闘中に兵数を回復する方法がいくつかあります。

戦法を使用する

戦場に出ていて敵と戦うと、兵数が減り、傷兵が増えていきます。

この増えた傷兵を特定の戦法で回復することが可能です。

本陣で回復する

敵に城を攻められており、なおかつ、城内に一度も敵が入ってこない状態であれば、本陣に待機させることで、傷兵が回復します。

回復する量は、傷兵の数だけです。

このため、敵の城を攻め落とし、すぐに敵が攻めてくるような状況の時は、早くに外に出て戦うのではなく、本陣で待機するという選択もお薦めです。

攻略

その他サイト

Menu ×|メニューを閉じる