都督、太守の際に配下の武将を増やす

都督や太守になると、配下の武将が限られてきます。

特に、君主が勝手に人材移動をしてしまい、自分の領地に居た武将ですら、あっさりと移動させられます。

ここで、そのための対策を紹介します。

重臣に任命する

都市にいる武将は、重臣に任命しましょう。

重臣に任命しておくと、その武将は君主が勝手に移動させることをしなくなります。

ただ、重臣に任命するには七品官以上である必要があるため、この点は注意が必要です。

登用などで引き抜いた武将で有能な武将が居た際には、積極的に重臣設定を行い、自分の配下として活用すると、プレイがしやすいと思います。



異動提案を行う

政庁の「任免」から、「異動提案」をしてみましょう。

有力な武将であると、提案に応じてくれませんが、後に紹介する条件であったり、あまり有能でない武将、武将数が多い都市からの移動提案であれば、応じてくれる可能性が高まります。

暇そうにしている武将なども狙い目です。

逆に、希望武将が太守や重臣などの役職についている場合は、異動提案をしても、応じてくれにくくなります。

勢力内の武将数を増やす

勢力内の武将数が増えていくと、移動させられることが減少します。

移動させられる原因の一つとして、他の場所に武将が居ないから、という理由があるからです。

そのため、無理な領土の拡張をするよりかは、しっかりと登用を行いつつ、進めたほうが良い場合もあります。

絆を深める

絆レベルを上げていくと、同じ都市に来てもらいやすくなります。

異動提案を行い、絆レベルが高い武将を選んでみましょう。

なお、勢力全体の武将数が少ない場合は、移動提案を行っても来てもらうことができません。

また、太守や都督になっている武将も、絆レベルが高いからといっても来てもらうことができません。

都市の移動をしない

太守の場合は都市の移動をした時点で、現在の配下武将が変更されます。

場合によっては一緒についてくる武将もいますが、基本は新たに設定されると考えましょう。

ですので、移動先では、再び上述の内容を繰り返す必要があります。

この手の手間を省きたいのであれば、中央付近に移動できた後は、あまり移動をせずに、その都市に居ついてプレイすることをお薦めします。



攻略

その他サイト

Menu ×|メニューを閉じる